テレワーク向きの「賃貸物件」を選ぶ際の5つのポイントとは?利用時の注意点も紹介

テレワークを快適に行うには、賃貸物件の選び方が重要です。「テレワークに適しているのはどんな物件?」「何に重点をおけばよいかわからない」など、悩みを抱えている方もいるでしょう。

テレワークに適した物件を探す参考になるように当記事では、テレワークで利用する賃貸物件のチェックポイントや注意点を紹介します。

賃貸物件でテレワークすることは問題ない?

賃貸物件でテレワークする自体は特に問題ではありません。自宅の一部屋を作業部屋として利用するなど、少しのスペースで事足りる場合は賃貸物件でテレワークをしても大丈夫です。

しかし、テレワークなど自宅で仕事する場合の注意点がいくつかあります。注意点を理解していないと入居後のトラブルにつながる可能性もあるでしょう。テレワークなど自宅で仕事する場合の注意点は、後半に詳しく解説します。

テレワークに利用する賃貸物件のチェックポイントは5つ

テレワークで利用しやすい賃貸物件を探すには、押さえておくべき環境面でのポイントがあります。自宅の環境次第で仕事の生産性も大きく変わるため、物件選びは重要です。

テレワークしやすい賃貸選びの参考になるように、ここではチェックポイントを5つ紹介します。

1.部屋の位置

仕事のオンとオフの切り替えるためにも、部屋の位置は重要です。自宅で仕事するテレワークは、オンとオフの切り替えが難しいと言う問題があります。

例えば部屋の数が少ない場合、部屋で休む感覚からなかなか切り替えられず、仕事に対してあまり集中できないことも考えられるでしょう。メリハリをつけるためにも、作業部屋は角部屋や日当たりが良い部屋を選ぶのがおすすめです。

テレワークは基本的にパソコン作業が多いため、目が疲れやすくなります。日当たりが良い部屋や角部屋は目にも良いでしょう。

また、部屋の数が多いと一室を仕事部屋として利用できるため、部屋数にも着目して賃貸物件を探してみてください。

2.インターネットの通信環境

パソコン作業が多いテレワークでは、インターネットの通信環境が重要です。通信環境が悪いと、仕事に大きな影響を及ぼします。

賃貸物件によってインターネット環境があらかじめ備わっている物件もありますが、通信速度が十分であるかは事前に確認する必要があるでしょう。

また、インターネット環境の無い物件でも、光回線が開通できるかどうかを確認してみてください。

3.近隣環境

賃貸物件の近隣環境の確認も重要です。例えば、近隣住民の騒音や線路が近く頻繁に電車が通る物件だと、生活音や電車など周辺の音が気になり集中して仕事に取り組めないケースがあります。

また近隣住民などに問題があれば、住民とのトラブルやクレームにつながることもあるでしょう。賃貸物件を選ぶ際は事前に近隣環境を調べて、仕事に集中できる環境かを確認してみてください。

4.家族の快適性

家族が快適に生活しやすいことも重要なポイントの1つです。自宅は仕事だけではなく、生活の場でもあります。

いくらテレワークに適している物件でも、そもそも生活しにくい物件だと家族が不満を抱えるでしょう。子供の面倒を見ながら仕事に取り組める、子供の目の届く位置で仕事ができると仕事と生活の両立に繋がります。

家族が生活しやすい環境であるうえ、さらに仕事にも取り組みやすい物件を探しましょう。

5.駅からの距離

テレワークに利用する物件は、駅からの距離を気にする必要がない場合もあります。なぜなら、テレワークを取り入れている会社は、出社の機会は少ないケースも多いからです。

出社が少ない場合は、駅から多少遠い物件でもあまり問題になりません。さらに、駅から遠い物件の方が家賃は安くなる傾向にあるため、同じ家賃でも部屋数や環境を選びやすくなります。

賃貸物件をテレワークに利用する際の3つの注意点

賃貸物件でテレワークをすること自体は特に問題はありません。しかし、テレワークによって自宅をメインの仕事場とする場合にはいくつかの注意するべき点があります。

注意点を知らずに賃貸を借りてしまうと、後々トラブルに発展する可能性もあるでしょう。ここでは、賃貸物件をテレワークに利用する際の注意点を3つ紹介します。

1.物件への頻繁な人の出入り

会議や資料の受け渡しなどで物件に頻繁に人が出入りすると、近隣住民からのクレームにつながる可能性があります。

近隣住民からすれば、見たことない人が頻繁に出入りしていると「何か怪しいことをしているんじゃないか」と不審に思われることもあります。

近隣住民とのトラブルやクレームを考えた際、業務体系によっては賃貸物件がテレワークに向かない場合もあるので注意しましょう。

2.法人登記や屋号表示

賃貸物件で登記や屋号表示するのは基本的にNGです。法律で禁止されているわけではありませんが、賃貸物件を管理している大家さんが法人登記を許可するケースは少ないでしょう。

また、屋号表示も契約違反とされることがほとんどなので、賃貸として契約している以上は職場としての利用は控えるべきです。

最近だと、コワーキングスペースなどで法人登記や屋号表示が可能となる場所があるため、法人登記や屋号表示は賃貸物件ではなくそちらを利用してみてください。

3.物件の利用用途

物件の利用用途に注意しましょう。賃貸物件は基本的に、居住目的として契約して利用されます。

会社員として働いており、仕事の一環としてテレワークで使用するには問題ありませんが、フリーランスや個人事業主として開業するのはトラブルの元になりかねません。

利用用途は確実に守り、トラブルにつながらないように注意しましょう。

テレワークに向く賃貸物件で仕事の効率を上げよう

テレワークを快適に行うには、自宅の環境がとても重要切です。部屋の数や周辺環境によって仕事の生産性も大きく変わるため、賃貸物件を契約する際は慎重に選ぶことをおすすめします。

また、フリーランスや個人事業主として仕事をしている方は、法人登記や屋号表示のルールはしっかりと守り、近隣住民や賃貸を管理している大家さんとトラブルにならないように注意しましょう。

リモートワークのくふう編集部

リモートワークのくふう編集部は、新しい働き方を応援しています。

この記事に関するキーワード

リモートワークスペースをさがす

co-lab 墨田亀沢:re-printing
東京都墨田区亀沢 4-21-3 ケイエスビル 3F
出典:co-lab
ワークスタイリング 川崎
神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1 パシフィックマークス川崎12階
出典:ワークスタイリングSHARE
BIZcomfort 亀戸南
東京都江東区亀戸7ー44ー2
出典:BIZcomfort