テレワークで注意すべき防音とは?今すぐ取り入れたい【防音】を助けるアイテム5選

昨今、自宅で仕事をするテレワークの普及が進む中で、より快適なテレワークの実施には自宅の環境が重要です。自宅の環境によっては仕事に集中できず、生産性が下がるケースもあるでしょう。

テレワークの生産性を高められるように、当記事ではテレワークで注意すべき防音の種類や防音を助けるアイテムなどを紹介します。

テレワークで注意すべき騒音の種類は4つ

テレワークを快適に行うには「音」と上手く付き合う必要があります。日常生活を送る中でどうしても音は生じてしまうものです。

しかし、「テレワーク中に周囲の音が気になって集中できない」といった悩みを抱えている方もいるでしょう。テレワークを快適にできるように、ここでは注意すべき騒音を4つ紹介します。

1.屋外からの騒音

屋外からの騒音はテレワークの生産性を下げる可能性があります。近隣住民の声をはじめ、物件によっては電車の通る音や工事の音に気を取られることもあるでしょう。

また、近隣住民の声などは発生を防ぐのは難しく、注意するのも気が引けます。注意したことによって、トラブルにつながるケースも少なくありません。

屋外からの騒音を防ぐには、賃貸物件の選び方など事前に騒音が起こりにくい物件を選ぶことが大切です。

2.屋内の生活音

自宅の環境にも、テレワークの生産性を下げる要因は隠されています。例えば、時計の針の音や洗濯機を回している音、その他家電から発生する音は仕事に集中したい時に、意外に気になるものです。

少しの音でも気になる場合は「洗濯機を回すタイミング考える」「音の出にくい家電や時計を選ぶ」などの対策を取りましょう。屋内の生活音は自分で対処できる点も多くあるので、工夫をして生活環境を整えてみてください。

3.会議などの通話音声

同居人の通話音声も集中力を下げる要因の1つです。結婚している方の場合、夫婦も同じくテレワークをしている可能性があります。

夫や妻のオンライン会議や会社の方と電話している音声に気になり、仕事に集中できないと感じる方も多いでしょう。同居人も同じようにテレワークをしている場合は、離れた部屋で仕事するなどの対策をおすすめします。

4.家族の声

自宅で仕事をするテレワークでは、家族の声によって集中力が下がることがあります。自宅は生活を営む場でもあるため、家族の声が飛び交うのは当然です。

しかし、テレワーク中に大きな声で家族の声が聞こえると、仕事に集中できない可能性があります。

テレワークにおける防音を助ける5つのアイテム

家族の声や屋外からの騒音によって、テレワークに集中できないことも考えられます。生活も同時に営む自宅で音を完全に無くすのは現実的に難しいでしょう。

そのため集中してテレワークするには防音対策が必須であり、次の5つのアイテムをおすすめします。

  • パーテーション
  • 防音テント
  • 防音カーテン
  • 戸当たりテープ
  • 吸音パネル

防音対策をしているかによってテレワークの生産性が大きく変わります。テレワークに集中して取り組めるように、防音アイテムを上手く活用してみてください。

1.パーテーション

パーテーションは防音対策かつ、個室空間を作れます。パーテーションは自分と隣の席を遮るものや視界を遮るものなど、種類が豊富な点が特徴です。

オンライン会議などで発生する自分の声はもちろん、周りの声を遮ることができます。また、個室空間になるので仕事に集中しやすくなり、テレワークの生産性向上にもつながるでしょう。

2.防音テント

自分一人の空間を作りたい方に、防音テントはおすすめです。防音テントは自分を含めデスクやチェア、パソコンを大きく包めるので、自分一人の空間を簡単に作れます。

部屋の中に一人でもいまいち集中できない方や、広い場所だと集中力が落ちるという方に特におすすめです。商品によっては、遮光性が高い物もあり、自分好みの明るさでテレワークに取り組めるでしょう。

3.防音カーテン

防音カーテンは、屋外の騒音が気になる方におすすめです。屋外からの騒音自体を防ぐのは難しく、気になる場合は何らかの防音対策は施さなければなりません。

防音カーテンを使用すると工事の音や電車の音、子供の声など屋外からの音を遮断できます。また、音の反響を防ぐ効果もあるためオンライン会議で声の反響が気になる方は、防音カーテンを導入してみてください。

4.戸当たりテープ

窓やドアの隙間に貼れる戸当たりテープも、防音対策におすすめです。屋外からの騒音は、窓やドアを閉めていても入ってしまいます。

戸当たりテープは、窓やドアの隙間に貼ることで屋外の騒音を防げるのです。また、テープなので窓やドアの大きさに合わせて切って貼れる点も大きなメリットの1つといえます。

自分の家の窓やドアの大きさに柔軟に対応でき、冬は冷気が入ってくることも防げるでしょう。防音対策と室温調整のいずれにも使える戸当りテープは、快適なテレワーク環境の構築に有効な方法の1つです。

5.吸音パネル

吸音パネルは簡単に壁に貼り付けられ、気軽に防音対策できるアイテムの1つです。吸音パネルは屋外からの騒音と家族の声や生活音など、屋内の騒音のどちらにも対応できます。

また、賃貸物件での利用できる点も大きなメリットです。壁への貼り付けが簡単で、剥がす際も壁を傷つける心配がありません。

保温効果を兼ねた吸音パネルもあるので、テレワークに使っている部屋が寒いと悩んでいる方にもおすすめできるアイテムです。

防音性を高めてテレワークに集中しよう

ここまで、テレワークで注意すべき防音の種類や防音を助けるアイテムなどを紹介しました。テレワークを快適に行うには自宅の環境が重要であり、防音への対策は必須です。

屋外や屋内から発生する騒音を理解し、適切な対策によって快適なテレワークを整えましょう。防音アイテムは、パーテーションや防音カーテンなど種類が多く、誰もが簡単に使えるアイテムもあります。

「屋外の騒音が気になってテレワークに集中できない」「生活音がどうしても気になる」などの悩みを抱えている方は防音アイテムを導入し、テレワークに集中できる環境を自ら作りましょう。

リモートワークのくふう編集部

リモートワークのくふう編集部は、新しい働き方を応援しています。

この記事に関するキーワード

リモートワークスペースをさがす

WeWork 半蔵門 PREX South
東京都千代田区麹町2-5-1 2F
出典:WeWork
+OURS 新宿
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル49階
出典:+OURS
WeWork Daiwa晴海
東京都中央区晴海3-10-1 Daiwa晴海ビル2F
出典:WeWork