テレワークによって孤独を感じる2つの理由とは?解消する方法も紹介

テレワークの急速な普及によって柔軟な働き方が広まる一方、孤独を感じる人が増えています。企業としては孤独を感じさせないような何らかの対策を講じなければなりません。

本記事では、テレワークによって孤独を感じる理由を紹介します。また、孤独を感じやすい社員の特徴や解消方法もみていきましょう。

テレワークによって孤独を感じる2つの理由

テレワークは出社の必要がなくなり、柔軟な働き方が可能になります。しかし、テレワークしている人の中には、孤独を感じている人が増えているのも事実です。

テレワークで孤独を感じる理由は一体どこにあるのでしょうか?ここでは、テレワークによって孤独を感じる理由として「人とのふれあいが少なくなる」と「他人からの承認が得られなくなる」の2つを紹介します。

それぞれの詳しい内容をみていきましょう。

1.人とのふれあいが少なくなる

テレワークによって出社が極端に減ると、これまでは当たり前であった人とのふれあいが少なくなります。出社すると同僚や上司など多くの人と顔をあわせる機会があり、仕事中や休憩中には会話が自然に生まれます。

何気ない会話は人と繋がっている感覚を得られると同時に、ストレス発散にもつながるものです。しかしテレワークで人と顔を合わせる機会が減り会話も少なくなると、知らず知らずのうちに孤独を感じやすくなります。

2.他人からの承認が得られなくなる

承認欲求が強い人も、テレワークになると孤独を感じやすいです。テレワークでは会話が減るため、他人からの評価がわかりにくくなります。

人からの評価で仕事の達成感をはかっている人は「自分はどんな風に評価されているのかな?」と不安になり、孤独感が強まってしまうのです。その結果として、仕事へのモチベーション低下にも繋がりかねません。

テレワークで孤独を感じやすい社員の3つの特徴

新型コロナウイルスによりテレワークが普及し、柔軟な働き方が可能になっています。しかし、テレワークは出社がなくなり人とコミュニケーションをとる機会が減少するため、孤独を感じる人も多いでしょう。

孤独感を感じやすい人は、どのような人なのでしょうか?ここでは、テレワークで孤独を感じやすい社員の特徴を3つ紹介します。

1.一人暮らし

一人暮らしでテレワークしている社員は、同居者がいる社員と比べて孤独を感じやすいです。会社員の中には、実家から離れて一人暮らしをしている社員も多くいます。

「実家から離れている」や「ペットも飼っていない」といった社員は、家でコミュニケーションを取る相手がいません。会話によるストレス発散もできないので、孤独感が強まってしまいます。

2.社歴の浅い若手社員

入社してまだ日の浅い若手社員にとって、テレワークはマイナスな影響を感じやすいです。社歴の浅い若手社員は、上司に直接教えてもらいながら仕事を進めることが多いですが、テレワークだと直接仕事を教えてもらうことができません。

また、お互い顔が見えない状況で仕事を進めるため「いつ質問していいのか」「話しかけにくい」という悩みを抱える人もいます。気軽に質問できない環境は、社歴の浅い若手社員にとって孤独感をより一層感じてしまう要因となるでしょう。

3.劣等感の強い人

自分に自信がない劣等感の強い人は、テレワークで調子を崩しやすいです。劣等感の強い人は上司や同僚の褒め言葉による承認を得ることで、自分の価値やモチベーションを維持します。

出社して仕事をしていると、日常的に承認を得られる言葉をもらえますが、テレワークによりコミュニケーションが減るため、承認を得られる機会も減少するでしょう。承認を得られないと、自己肯定感が低下して仕事へのモチベーションも低下します。

テレワークの孤独感を解消する3つの方法

テレワークの孤独感を解消する主な方法は次の3つです。

  • コミュニケーションツールの導入

  • メンター制度の導入

  • オンライン朝礼の導入

孤独を感じやすくなる原因は、テレワークによるコミュニケーション不足が大きく影響しています。特に一人暮らしの人や若手の社員などは、テレワークによって孤独を感じやすい傾向にあります。

テレワークによって孤独を感じる社員を少しでも減らせるよう、各方法の内容を詳しくみていきましょう。

1.コミュニケーションツールの導入

コミュニケーションツールの導入は、テレワークによる孤独感の解消に役立ちます。仕事で他の社員と気軽にコミュニケーションが取れると自然と会話が生まれ、孤独感の解消に加えてストレス解消にも大きな効果を発揮します。

直接顔を合わせるのが難しい状況においては、従業員同士がコミュニケーションを取るにはツールの利用が欠かせません。さらに、仕事での利用はもちろんのこと、1on1の面談などにも利用することで孤独感の解消につながります。

2.メンター制度の導入

社歴の浅い若手社員をサポートするメンター制度は、孤独感の解消に効果を発揮します。メンター制度とは、直属の上司とは別に年齢の近い先輩社員などが新入社員や若手社員をサポートする制度のことです。

メンター制度があると、業務に関する質問や些細な疑問などを気軽に相談でき、社歴の浅い若手社員もコミュニケーションがとりやすくなります。またメンター側も後輩社員と会話が生まれ、頼られることで承認欲求が満たされます。

その結果として、サポートする側とされる側の双方に良い影響があり、仕事のモチベーションアップにも効果があるのです。

3.オンライン朝礼の導入

オンライン朝礼の導入によって社員同士が顔を合わせる機会を作ることも、孤独感の解消に役立ちます。毎朝他の社員の様子が見られると一緒に仕事をしている感覚になり、孤独な感覚が和らぐ効果があるのです。

また、オンライン朝礼の場で仕事の進捗状況から悩みを共有できると、活発なコミュニケーションも生まれます。社員同士が顔を合わせるだけではなく、仕事の進捗やスケジュールなども共有し、孤独感の解消へとつなげてみてください。

社員同士のコミュニケーションが重要!

ここまで、テレワークによって孤独を感じる理由や孤独を感じやすい社員の特徴、解消方法などをみてきました。テレワークが長期間続くと人とコミュニケーションを取る機会が減り、知らず知らずのうちに孤独を感じる人が増えやすくなります。

テレワークによる孤独感を解消するためには、社員同士のコミュニケーションが何より重要です。若手社員と先輩職員が気軽にコミュニケーションをとれるメンター制度やコミュニケーションツールを導入するなど、社員が少しでも孤独感を解消できるように企業側はサポートしましょう。

リモートワークのくふう編集部

リモートワークのくふう編集部は、新しい働き方を応援しています。

この記事に関するキーワード

リモートワークスペースをさがす

ZXY 成増
東京都板橋区成増1-31-10 あいおいニッセイ同和損保成増ビル 4F
出典:ZXY
オープンオフィス 五反田駅西口
東京都品川区西五反田1-26-2 五反田サンハイツビル 2F
出典:リージャス
H¹T 秋葉原
東京都千代田区外神田1-18-1 新秋葉原ビル5階
出典:H¹T